お知らせ

*センターだより5月 第91号が発刊されました。表紙は「シマエナガの巣造り」です。(5/24)
(次号は7月25日に掲載予定です)

*リンクの「旭岳ビジターセンター」はフェイスブックに移行しました。
*層雲峡温泉街の便利な施設の「愛山渓倶楽部」はりんゆう観光さんに運営が変更となりました。01658-9-4525
*層雲峡温泉街の便利な施設の「層雲峡ユースホステル」は「層雲峡ホステル」に変更となりました。080-2862-4080

*6月~7月上旬の登山について
 年により差はありますが、大雪山では多くの残雪があります。軽装での登山では相当な危険が伴い登頂は難しいです。
 また、登山に不慣れな方につきましては、この時期の縦走はお勧めできません。ルートを熟知しているか、専門のガイド同行での山行としてお考え下さい。
 装備としては、登山に適した服装・登山靴・ポール・ピッケル・アイゼン・地図・コンパス・カウベル・雨具・スパッツ等は最低でも必要です。

*9月下旬~10月中旬の登山について
 この時期の登山は、いつ雪が降ってもおかしくありません。登頂される場合は、防寒対策をしっかりと行って下さい。
 また、登山道が凍り付く場合もあります。装備を万全に安全な山行をお願い致します。

*2019重要情報*

大雪山国立公園 トムラウシ山
  ヒサゴ沼避難小屋改修工事(老朽化) 

工事期間中は避難小屋(トイレ含む)と野営指定地の「ヒサゴ沼」が利用できません。
工事期間は2019年6月~10月末予定

今シーズン、トムラウシ山方面に登山・縦走を計画されている方につきましては、
忠別岳避難小屋・野営指定地及び南沼野営指定地を利用して下さい。





- ビジター山だより -

黒岳北東斜面

2019-06-15 7:30

気温 9

 黒岳五合目展望台からみる黒岳は、雪渓の白い部分が随分と少なくなってきていますが、
実際に登頂すると一部を除いては全面雪の状態です。

 全山、道迷いや滑落等に注意が必要ですが
特に写真の頂上直下の雪渓は部分的に雪が硬く、しかも急斜面です。

この部分は「要滑落注意」です。

 毎年滑落事故が発生していますが、
七合目・八合目周辺でも油断は禁物です。比較的傾斜が緩やかな場所でも滑落事故があります。

装備を万全に十分注意されて登頂して下さい。(特に下りでの事故が多いです)

写真:黒岳頂上直下 6/14
  • 滑落には十分注意してください。

黒岳北東斜面

2019-06-11 9:00

気温 16

黒岳残雪状況

 先日(7日)投稿した状況より、さらに雪どけが進んでいます。
但し、前回同様、一部を除いては全面雪の黒岳です。

 装備を万全に十分注意されて登頂して下さい。
まだまだ夏山感覚での入山は難しいです。

お知らせ

「中岳温泉上部の雪渓が非常に不安定」という情報が入りました。

分厚く傾斜がある雪渓がズレ落ちそうになっており、危険とのことです。
6月下旬近くまでこの状況が続く恐れがあるとのことです。
雪に不慣れな方等は安定してからの入山をお勧めします。

写真:黒岳・桂月岳・凌雲岳・上川岳 6/11

キタキツネ

2019-06-11 12:30

気温 19

 写真は「仔ギツネ」。最近はよく国道沿いに現れ、
道行く車にひかれそうです。

 特に、夜間に出没し「虫」などを捕食しているようで、
車の犠牲になることもしばしば・・・。

 他にも、エゾシカ、キタキツネ(親)、エゾタヌキ、エゾクロテンなども出始めていることと、
最近は「エゾユキウサギ」なども出没します。特に夜間は車の運転に十分な注意が必要です。

写真:仔ギツネ 6/10

緑岳残雪状況

2019-06-11 14:20

気温 18

 標高年(2019)ということもあって今年は緑岳へ登ろうと思っている方も多いかもしれませんが、
登山はいましばらく待った方がいいでしょう。

 ①の写真は緑岳第一花畑の休憩場所(夏はベンチがある所)付近で撮った写真です。
この場所から夏道がわかる人はよほどの緑岳マニアでしょう。
地形図とコンパスまたはGPSやスマホの地図アプリを使いこなせる人でないとこの時期のナビゲーションは難しく、
視界不良時はとくに道迷いの可能性が高くなります。

 ②はエイコの沢ガレ場の取り付き点です。岩の斜面と雪面の境界にシュルンドが出来ており、
しかも空洞ができてスノーブリッジ状になっています。
登りの際は空洞が見えにくいので、じゅうぶん雪面のようすを観察してから斜面へ移るようにしてください。
また、下りでは、スノーブリッジの上を通らないと岩場から移れないため、慎重に歩いてください。

いずれにしても森林管理署のパトロールが数日以内に入ると思われますので、いましばらく入山はお待ちいただきたく存じます。

写真 ①緑岳第一花畑 ②エイコの沢ガレ場 6/11

黒岳北東斜面

2019-06-07 10:30

気温 17

黒岳残雪状況

 写真の通り全面雪の状態ですが、昨年比、雪どけは現在のところ
早く推移しているようです。

 八合目・九合目の標柱は6月(6/1確認)の初旬に早くもほぼ露出しています。
また、頂上直下一曲目までは夏道の登山道となっています。
(使用はまだ出来ませんが、トイレや石室の建物もほぼ露出しています)

 標柱のみで見ると雪どけはかなり早いペースで進んでいます。
が、登山道はほぼ全面雪です。

 滑落の危険や道迷い等々、まだまだ一般向けではない状況です。
登頂される方につきましては、装備を万全に十分注意して登頂されて下さい。
(特にこの時期は、下りでの滑落事故が後を絶ちません)

写真:大雪山系黒岳