お知らせ

*センターだより7月 第92号が発刊されました。表紙は「エゾナキウサギの採食」です。(7/24)
(次号は9月25日に掲載予定です)

*リンクの「旭岳ビジターセンター」はフェイスブックに移行しました。
*層雲峡温泉街の便利な施設の「愛山渓倶楽部」はりんゆう観光さんに運営が変更となりました。01658-9-4525
*層雲峡温泉街の便利な施設の「層雲峡ユースホステル」は「層雲峡ホステル」に変更となりました。080-2862-4080

*6月~7月上旬の登山について
 年により差はありますが、大雪山では多くの残雪があります。軽装での登山では相当な危険が伴い登頂は難しいです。
 また、登山に不慣れな方につきましては、この時期の縦走はお勧めできません。ルートを熟知しているか、専門のガイド同行での山行としてお考え下さい。
 装備としては、登山に適した服装・登山靴・ポール・ピッケル・アイゼン・地図・コンパス・カウベル・雨具・スパッツ等は最低でも必要です。

*9月下旬~10月中旬の登山について
 この時期の登山は、いつ雪が降ってもおかしくありません。登頂される場合は、防寒対策をしっかりと行って下さい。
 また、登山道が凍り付く場合もあります。装備を万全に安全な山行をお願い致します。

*2019重要情報*

大雪山国立公園 トムラウシ山
  ヒサゴ沼避難小屋改修工事(老朽化) 

工事期間中は避難小屋(トイレ含む)と野営指定地の「ヒサゴ沼」が利用できません。
工事期間は2019年6月~10月末予定

今シーズン、トムラウシ山方面に登山・縦走を計画されている方につきましては、
忠別岳避難小屋・野営指定地及び南沼野営指定地を利用して下さい。





- ビジター山だより -

黒岳・紅葉情報

2019-08-19 15:30

気温 23

黒岳紅葉情報

 台風が過ぎ去り空気が一変し、紅葉もやや進む可能性もありましたが、
前回情報時(14日)とほぼ変わらない状態でした。

 色付きがやや進んだ場所もありますが、気温が高く推移しており、
現在のところ「ゆっくりと」進んでいます。

 今週やや気温が下がる予報が出ましたが、
昨年と同様の進み具合です。(今後の気象で変わる可能性もあります)

 写真は九合目まねき岩周辺、ウラジロナナカマドがやや色が変わったかな?程度の色付きです。
2枚目はポン黒岳周辺のウラシマツツジ、前回とほぼ同様の色付きです。

*黒岳~北海沢周辺・黒岳石室周辺~北鎮岳分岐は、全体的には「緑葉」が主体の様相です。
*各所、ヒグマの痕跡や目撃情報が多いです。ヒグマはどこにでもいます。
 鳴り物は必ず持参して下さい。

写真:黒岳九合目周辺 ポン黒岳周辺 8/19

赤岳コースの雪渓

2019-08-19 17:00

気温 23

赤岳登山道状況

赤岳では、全ての雪渓が消失しました。

 第一花園は、雪渓や雪解け水はありませんが、雨が降った後などは、
登山道に水が溜まっていたりして、滑りやすい可能性があります。注意してください。

 第二花園、第三雪渓は、石が動きやすかったり、登りが急なところがあるので、滑らないように注意が必要です。
コマクサ平のコマクサは、ほとんどの株の花が散っています。

 第四雪渓は、雪渓、雪解け水の流入共になく比較的歩きやすいですが、泥の部分は滑りやすいので注意してください。
また、小石の上や砂利も足を取られやすいです。気をつけてください。

 山頂付近では、アオノツガザクラやミヤマリンドウ、クモイリンドウなどが咲いています。
ほんの少しだけ、ウラシマツツジなどの植物の葉が色づいてきました。もう少しで紅葉の季節になります。
紅葉も美しいですが、もう少しだけ高山植物も楽しむことができそうです。

開花状況
 第1花園  ヨツバシオガマ○・エゾコザクラ○・エゾヒメクワガタ○・エゾウメバチソウ◯・ハイオトギリ◯・ミヤマリンドウ◯・コガネギク◯・タカネトウチソウ◯
 第2花園  ヨツバシオガマ◯・コガネギク◯・コモチミミコウモリ◯・ミヤマリンドウ◯・エゾコザクラ◯・エゾヒメクワガタ◯・イワギキョウ◯・エゾウメバチソウ◯・エゾウサギギク△・ハクサンボウフウ◯
 第3雪渓  ハイオトギリ◯・ミヤマリンドウ◯・ミヤマサワアザミ◯・タカネトウチソウ◯・コガネギク◯・エゾウメバチソウ◯・
 第4雪渓  ミヤマキンバイ○・チングルマ◯・イワギキョウ○・アオノツガザクラ◯・ミヤマリンドウ◯・ミヤマサワアザミ◯・エゾヒメクワガタ◯・エゾウサギギク◯
 赤岳山頂  イワブクロ△・ミヤマキンバイ○・エゾイワツメクサ○・クモイリンドウ○・イワギキョウ◯

写真:チングルマ綿毛 8/19

お知らせ

2019-08-15 10:30

気温 25

お知らせ

*再掲載

層雲峡野営場のトイレが使用不可となっています。
また、炊事場も水の流れが弱くなっています。

ご利用の際は、飲料水や携帯トイレを持参して下さい。

ご不明な点は、上川総合振興局にお問い合わせくださいませ。

2019.08.15 

黒岳北東斜面

2019-08-14 14:40

気温 22

黒岳情報

 北東斜面もすっかり夏のお花は終花気味で、変わってチシマアザミ、ナガバキタアザミ、
ミヤマサワアザミ、ミヤマアキノキリンソウ等々で占められてきました。

 夏のお花も若干残ってはいますが、そろそろ8月も中盤です。
秋への移行期に入っています。

 全体的にはまだまだ緑葉が多い状況ですが、頂上周辺からポン黒岳では、
ウラシマツツジがほんのりと色を付け始めてきました。

 ウラジロナナカマドは、七合目から九合目周辺でやや色が抜けてきたものも
見受けられますが、頂上以降ではまだ緑葉が主体です。

 気象の影響で、2015年度に七合目周辺(上からではなく下から)から色が付き始めた年もありましたが、
現在ではまだ判断ができない状況です。
(黒岳のみで見ると、昨年と似たような進み具合のようですが、今後の気象で変わる可能性があります)

*赤石川周辺にヒグマの痕跡がありました。鳴り物は必ず持参して下さい。
*北鎮岳分岐下雪渓は消雪していますが、ここ数日の悪天候で分岐からの道迷いが発生しています。
 看板(道標)が老朽化していますが、分岐から黒岳に向かう時点で誤って北鎮岳に登頂した方もいたようですが、
 少なくとも縦走を計画されている方は、地図は必ず持参して下さい。
 また、看板に関係なく誤って御鉢平方面(分岐から黒岳を見て右側)にトラバースして、そのまま下山しようと
 した方もいたようです。ちなみに、ここは下山できません。(崖下です)
 ガスがかかり視界がまったくきかない状況のようでしたが、点在している石に黄色のペンキで道案内をしてありますので、
 慌てずルート確保をしてください。
 雪渓がとけて間もない時期は、登山道が「ぬかるんで」おり、登山者の踏み跡がわかりづらくなります。
 今時期特有の状況ですが、十分注意されて上下山して下さい。

写真:九合目周辺 山頂周辺 8/14

緑岳コースの開花状況

2019-08-06 16:30

気温 25

緑岳開花状況

 緑岳では第二花畑からエイコの沢ガレ場にかけてエゾコザクラ・アオノツガザクラなどの
雪田植物群落が見頃を迎えています。

 稜線では、高山植物開花の最後を飾るクモイリンドウが咲き始めました。
山の短い夏が終わろうとしています。残雪は第一花畑端部に一ケ所のみとなりました。

開花状況
緑岳第一花畑:チングルマ・ハクサンボウフウ・ミヤマリンドウ・アオノツガザクラ↓ ヨツバシオガマ・エゾコザクラ○
緑岳第二花畑:チングルマ・ハクサンボウフウ・エゾノツガザクラ・ミヤマキンバイ↓ エゾコザクラ・ヨツバシオガマ〇
緑岳第二花畑上部~エイコの沢ガレ場:アオノツガザクラ・チングルマ・ヨツバシオガマ・ミヤマリンドウ↓ エゾコザクラ・ミヤマキンバイ○
緑岳~板垣分岐:エゾツツジ・コマクサ終 イワブクロ・サマニヨモギ・エゾハハコヨモギ・エゾイワツメクサ・ウスユキトウヒレン・チシマギキョウ・レブンサイコ・エゾタカネツメクサ↓ クモイリンドウ↑
板垣分岐~白雲小屋:コマクサ終 クモマユキノシタ・ヒメイワタデ・チシマギキョウ・リシリリンドウ・シラネニンジン・イワギキョウ・ミヤマリンドウ↓
白雲小屋下:アオノツガザクラ・トカチフウロ↓ エゾコザクラ・ハクサンボウフウ・イブキトラノオ○ ミヤマキンバイ・タカネトウウチソウ↑
白雲小屋周辺:ミヤマアズマギク終 チシマギキョウ・エゾタカネツメクサ↓ クモイリンドウ・ウスユキトウヒレン

残雪状況
第一花畑:端部10m
第二花畑:残雪なし
第二花畑上部~エイコの沢ガレ場:残雪なし

写真 緑岳第二花畑上部 緑岳稜線 8/6