お知らせ

*センターだより9月 第105号が発刊されました。表紙は「ウラシマツツジとシマリス」です。(9/24)
(次号は11月25日に掲載予定です)

*リンクの「旭岳ビジターセンター」はフェイスブックに移行しました。
*層雲峡温泉街の便利な施設の「層雲峡ユースホステル」は「層雲峡ホステル」に変更となりました。080-2862-4080
*「愛山渓倶楽部」はりんゆう観光さんに運営が変更となりました。01658-9-4525
(アクセスの道北バス・上川ー愛山渓線の問い合わせ先はりんゆう観光さんに変更となりました。01658-9-4525)

*ホームページ内にある「外部リンク」先について「リンク切れ」があります。
 最新の情報をご確認下さいませ。

*6月~7月上旬の登山について

 年により差はありますが、大雪山では多くの残雪があります。
「軽装」での登山では相当な危険が伴い登頂は難しいです。
 特に、下りでの「滑落事故」が多く発生しています。
 また、雪どけとともに「踏み抜き」や登山道が「悪路」になります。
 上下山ともに慎重に歩かれて下さい。

 登山に不慣れな方につきましては、この時期の縦走はお勧めできません。
 ルートを熟知しているか、専門のガイド同行での山行としてお考え下さい。
 装備としては、登山に適した服装・登山靴・ポール・ピッケル・アイゼン・
 地図・コンパス・カウベル・雨具・スパッツ等は最低でも必要です。

*8月下旬~10月中旬の登山について

 この時期の登山は、いつ雪が降ってもおかしくありません。
 登頂される場合は、防寒対策をしっかりと行って下さい。
 また、登山道が凍り付く場合もあります。
 装備を万全に安全な山行をお願い致します。








- ビジター山だより -

センターだよりが発刊されました

2021-09-24 10:00

気温 12

センターだより9月 第105号 が発刊されました

今回の表紙は、今年はあまり見かけなかったシマリスです。

 その他、エゾライチョウの幼鳥・木の実の不作
2021年黒岳周辺の紅葉等々となっています。

 センターホームページのトップページ(ビジターセンターだより)からご覧いただけます。
是非ともご一読下さいませ。

写真:センターだより表紙 9/24

本日の層雲峡峡谷

2021-09-24 14:10

気温 14

本日の層雲峡峡谷

 日一日と色濃くなり、温泉街周辺は見頃期に入りました。
まだまだ緑葉もあることから、気象の悪条件が無い限りは、
さらに色付きが増してくると思われます。

 ここ5年の内では最も早い見頃の状態。
山岳地帯では2017年度の紅葉の色付きが良かったですが、この年も早い見頃期でした。
(2017年度は9/25。昨年は10/4が見頃期に入った日でした。)

 今年も国道39号線・上川町から層雲峡を経て三国峠に至るまでの
「紅葉街道」は、どのような錦絵を魅せてくれるでしょうか。

現在のところは良い色付きとなっています。

写真:層雲峡峡谷温泉街 9/24

本日の層雲峡峡谷

2021-09-24 15:30

気温 14

大雪山・層雲峡黒岳ロープウェイ乗車中

 こちらも日一日と紅葉が進み、色付きも増してきています。
写真は層雲峡峡谷「映月峰」周辺の紅葉の様子です。

 朝晩を含め、気温が下がってきています。
防寒対策を万全に紅葉観賞を~。

写真:層雲峡峡谷・映月峰周辺 9/24

本日の層雲峡峡谷

2021-09-22 11:00

気温 22

層雲峡峡谷

層雲峡峡谷も色付き始めました。

 緑葉から黄緑色・黄色へと移行しており、
峡谷上部のナナカマドは赤くなってきたものも出始めました。

 ロープウェイ乗車中も日に日に色が濃くなってきており、
見頃期へと向かっています。

お知らせ
*黒岳石室は先日お知らせした通り、冬季閉鎖となっています。
(避難小屋としての利用は可)。管理人は9月26日まで常駐(昼間)します。(予定)
*白雲岳避難小屋は、10月3日まで常駐し翌4日に下山します。(悪天時変更有)

写真:層雲峡峡谷 9/22

沼ノ平

2021-09-21 16:30

気温 10

松仙園・沼ノ平 紅葉情報

 松仙園登山道の開放期間は9月30日までとなります。ちなみに登山道は登り一方通行です。
八島分岐からは下れませんのでご注意ください。

 ウラジロナナカマドは全体的に色づきのピークを過ぎ、落葉を始めたものもありますが、
ダケカンバやミネカエデなどの黄葉は発色が良く綺麗です。永山岳から当麻岳にかけての中腹の斜面が見頃となっています。
 
 六ノ沼から当麻乗越にかけての尾根上は、ウラジロナナカマドが落葉期に入り、すこし寂しい景色に変わってきました。
当麻乗越は風があると体感気温がさがるので、合羽やウインドブレーカーなどの風よけをお持ちください。
 
三十三曲登山道は、道脇のダケカンバやナナカマド、ミネカエデやオガラバナが色づき、有終の美を競っています。

写真 二ノ沼付近 半月沼上 9/21